日本、再び歴史的勝利 スペインに2-1、2大会連続の決勝T進出

森保ジャパン

[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は1日(日本時間2日午前4時)、1次リーグE組の最終戦があり、日本(世界ランキング24位)はスペイン(同7位)に2―1で逆転勝ちし、2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。E組を首位で突破した日本は5日の決勝トーナメント1回戦で、F組2位で前回大会準優勝のクロアチアと対戦する。

 前半11分、スペインはアスピリクエタの右クロスをモラタがヘディングで決めて先取点を挙げた。

 後半、日本は長友佑都(FC東京)と久保建英(レアル・ソシエダード)が退き、三笘薫(ブライトン)と堂安律(フライブルク)が入った。

 日本は後半3分、堂安が左足でミドルシュートを決め、同点に追いついた。

 後半6分に三笘の左からの折り返しを田中碧(デュッセルドルフ)が押し込み、日本が2―1とした。

 スペインは後半12分、ウィリアムス、モラタが退き、F・トレス、アセンシオが入った。

 日本は後半17分、前田大然(セルティック)に代わり、浅野拓磨(ボーフム)が入った。

 スペインは後半23分、ガビ、バルデが退き、ファティ、アルバが入った。

 日本は後半24分、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)に代わり、冨安健洋(アーセナル)が入った。日本は後半42分、田中が退き、遠藤航(シュツットガルト)が入った。

 逆転に成功した日本はスペインの反撃をしのぎ、そのまま逃げ切った。

 日本は第1戦で強豪ドイツに2―1で逆転勝ちしたが、第2戦はコスタリカに0―1で敗れた。最終戦のスペイン戦に勝ち、2勝1敗の勝ち点6で1次リーグを終えた。

 同時刻に行われたドイツ―コスタリカでドイツが勝ったため、日本はE組を首位で突破した。

 決勝トーナメント1回戦では、F組2位のクロアチアと対戦する。キックオフは日本時間の6日午前0時が予定されている。

 過去、日本はスペインと国際Aマッチで1度対戦して1敗。23歳以下の選手主体で争う昨年の東京オリンピック(五輪)では準決勝で対戦し、延長の末に0―1で敗れていた。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    小室淑恵
    (株式会社ワーク・ライフバランス社長)
    2022年12月2日8時1分 投稿
    【視点】

    今大会、最も泣いたのは大活躍だったサッカー日本代表のGK権田修一選手が過去に心の病を患って、そこからの復活だったことを知った時だった。劇的勝利の2試合以上に心に残った。自分を追い込み頑張っていたところ体が動かなくなり、ピッチから一度離れ、現