日本の2点目、ライン割ってる? ラインの上空にボールがあればOK

森保ジャパン

[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグ最終戦。日本の田中碧(デュッセルドルフ)がスペイン相手に奪った2点目は、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で確認の結果、ゴールが認められた。

 2点目が生まれたのは、後半6分。堂安律(フライブルク)の右足のシュートをゴールラインのギリギリで三笘薫(ブライトン)が折り返し、最後は田中が決めた。ただ、三笘が折り返したボールがゴールラインを割っているかどうかについて、2分近く確認された。

 サッカーの競技規則によると、ボールがラインを越える「アウトオブプレー」はフィールド外に完全にボールが出たことが認められなければならない。ラインの上空にボールの一部でもかかっていれば、「インプレー」として認められる。今回の判断は、VARの結果、インプレーと認められたことになる。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント