堂安律と三笘薫が入り劣勢一転 鮮やかな逆転劇を引き寄せた途中交代

有料記事森保ジャパン

勝見壮史
[PR]

 (1日 W杯1次リーグE組 日本2-1スペイン)

 日本は3戦目で初めての試合運びにチャレンジした。

 キックオフから3バックを敷いたのだ。

 これまでは4バックでスタートし、試合の途中で布陣を変えるパターンが続いていた。

 日本が3バックの布陣を採用する場合、サイドMFが最終ラインまで下がる時間が長く、実質的には5バックになる。

 攻撃力のあるスペインに対し、守備を重視して戦う。明確な意思表示だった。

 実際、試合は予想通りの展開になった。引いて守る日本。スペインに圧倒的にボールを保持される。前半11分、サイドから波状攻撃を浴び、FWモラタにヘディングでゴールを奪われる。

 それでも、日本は全員が自陣に戻って守り続けた。

 板倉滉谷口彰悟吉田麻也の3バックがそれぞれ厳しいタックルで警告を受ける。もう1枚、イエローカードをもらえば退場になる。

 劣勢。打開策はないように見えた。

 それが一転、後半開始から展開が激変した。

 変化をもたらしたのは、途中交代で入ったMF堂安律とMF三笘薫だ。

 後半3分、スペインが自陣深…

この記事は有料記事です。残り606文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
サッカーワールドカップ

サッカーワールドカップ

日本代表の試合結果や海外の注目選手まで、ワールドカップのニュースや情報をお伝えします。[記事一覧へ]