三笘薫、後半から入り決勝点アシスト 左サイドの守備でも躍動

森保ジャパン

[PR]

(1日 W杯1次リーグE組 日本2―1スペイン)

 後半開始から投入された三笘は決勝点のアシストだけでなく、左サイドの守備も光った。「素早くチェックすることで相手が嫌がることは感じていた」。後半25分にはカウンター攻撃の起点に。終盤、リードした場面ではドリブルを仕掛けてファウルをもらい、時間をうまく使った。「(コスタリカ戦後)このまま終わって帰れないと思っていた。意地を見せたかった」と振り返った。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント