後半冒頭、3分間の逆転劇 吉田麻也が明かしたハーフタイムの決意

有料記事森保ジャパン

藤木健
[PR]

 (1日 1次リーグE組 日本2―1スペイン)

 途中出場のMF遠藤航が大きくボールを蹴り上げると、終了を告げる笛が鳴った。

 倒れ込む者、腕を広げる者、ガッツポーズを作る者――。

 日本の喜びに染まるピッチへ、肩を組んでいたベンチの選手たちも一斉になだれ込んでいった。

 歓喜を呼んだのは、1点を追う後半立ち上がり。鮮やかな3分間の逆転劇だ。

 後半3分。敵陣左奥でボールを持った相手へ、FW前田大然が、MF三笘薫が、襲いかかった。

 バックパスを送られたGKへ、スピード自慢の前田が足を止めず猛然と迫る。GKが蹴り出した先で、前に出たMF伊東純也が相手と競り合った。

 そのこぼれ球。後半から出場したMF堂安律が拾い、ペナルティーエリア右角のやや外へ持ち出す。「俺のコース。絶対に打ってやると決めていた」。千載一遇のチャンスに、迷いなく左足の強烈なシュートを繰り出す。GKの手をはじいて、ゴールを揺らした。

 追いつき、一気にたたみかけた。3分後。右から堂安が送った低いクロスが、遠いポスト側へ。滑り込んだ前田が届かず、ボールはゴールラインを割りそうになった。そこへ、あきらめなかった三笘が左足を伸ばしてぎりぎりで折り返す。MF田中碧が体ごと飛び込んで押し込み、勝ち越した。

ロッカールームで交わされたチームの決意

 前へ、前へ。ボールを奪おう…

この記事は有料記事です。残り376文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント