杉田水脈政務官の差別発言 撤回と謝罪を指示、松本総務相

有料記事

鈴木康朗
[PR]

 松本剛明総務相は2日の閣議後会見で、性的少数者らを差別する発言をした杉田水脈(みお)総務政務官に対し、発言の撤回と謝罪を指示したと明らかにした。杉田氏は「つたない表現によって人を傷つけてしまったことについて重く受け止め、反省している」として、指示に従う意向だという。

 杉田氏は過去に月刊誌への寄稿やブログで「LGBTには生産性がない」「チマ・チョゴリやアイヌの民族衣装のコスプレおばさん」などと表現し、国会などで批判を浴びている。

 松本氏は杉田氏から考えを聞き取った上で、「傷つかれた方々におわび、謝罪をし、そうした表現を取り消すように申し渡した」という。杉田氏が謝罪と撤回することは、松野博一官房長官にも伝えたという。

 松本氏は民族衣装についての…

この記事は有料記事です。残り288文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント