吉田鋼太郎 「ジョン王」 蜷川幸雄の志継ぎシェークスピア完演

有料記事

増田愛子
[PR]

 彩の国さいたま芸術劇場が1998年に始めた、シェークスピア全37戯曲上演のシリーズが、完結する。「色々な俳優さんが集まってくれて、シェークスピアを楽しんで上演できる。そのことがありがたい」。そう話す、シリーズの2代目芸術監督、吉田鋼太郎。掉尾(ちょうび)を飾る「ジョン王」(松岡和子翻訳)で、演出と出演の二役を兼ねる。

僕の血濃いめ

 完演まで5作品を残し、初代芸術監督の蜷川幸雄が世を去ったのは2016年。シリーズ10作品以上に出演し、主演経験もある吉田に白羽の矢が立った。

 「受け継いだばかりの頃は、評判が悪くて潰れちゃったらどうしよう、という緊張が、多少ありました。最近、『義務感』よりも、自分たちも楽しませてもらおうと、ようやく思い始めることができました」。最終回は「ちょっと僕の血が濃いです」と笑う。

演出プラン変えたウクライナ侵攻

 「ジョン王」は、シェークス…

この記事は有料記事です。残り1049文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント