田中碧、迷わず飛び込み決勝ゴール「ここからが新たな歴史の始まり」

有料記事森保ジャパン

岩佐友
[PR]

 (1日 1次リーグE組 日本2―1スペイン)

 迷いなくゴール前へ飛び込んだ。

 MF田中碧は「W杯で点を取るイメージをしていたので」。

 後半6分、ペナルティーエリア手前でボールを持つと、右前にいたMF堂安律へパス。そのクロスを逆サイドにいたMF三笘薫がゴールライン際で折り返すと、相手の前に走り込んだ。右ひざにボールを当て、ネットを揺らした。

 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で三笘のプレーがゴールラインを割っていないと判定され、勝ち越しのゴールが認められると、両手を突き上げ、仲間たちと抱き合って喜んだ。

 チームの柱のMF遠藤航が右ひざを痛めたため、初戦のドイツ戦以来のスタメンが回ってきた。

 「けが人が出てチャンスをもらった。自分が出る以上、ポジションを勝ち取りたい。目に見える結果を残せたのはよかった」

「神様がご褒美をくれたのかな」

 W杯最終予選では昨年10月…

この記事は有料記事です。残り561文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント