逆転負けのスペイン、先制後は好機少なく 監督「タフな組だった」

潮智史
[PR]

(1日 1次リーグE組 日本2―1スペイン)

 逆転負けしたスペインのルイスエンリケ監督は「1次リーグを首位で通過できなかった。満足できない」と悔しげに話した。

 前半はおもしろいようにパスをつなぎ、日本をゴール前に釘付けにした。前半11分にあっさりと先制。ただ、そのあとは気が緩んだのか、チャンスは少なかった。

 ハーフタイムに、監督は「気をつけろ、相手は失うものがなく、攻めに出てくる」と選手に指示を伝えたという。

 その懸念通り、後半3分、6分と続けて失点を喫した。2位通過となったE組について、「タフな組だった」と認めた。潮智史

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント