天皇陛下の前立腺の組織検査結果は「異常なし」 宮内庁が発表

多田晃子

 宮内庁は2日、天皇陛下が受けていた前立腺の組織検査の結果について、異常は認められなかったと発表した。今後も経過を観察するという。陛下の体調に変化はなく、普段と変わりなく過ごしているという。

 陛下は11月6日に東京大学医学部付属病院東京都文京区)で受けたMRI検査の結果、特に懸念される所見はなかったものの、前立腺の肥大が認められたことから、念のため同月27日から同病院に1泊入院し、組織検査を受けた。(多田晃子)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント