「もはやキャプテン翼だけではない」 スペイン紙、日本の快挙伝える

有料記事森保ジャパン

マドリード=宋光祐
[PR]

 サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会で1日、ドイツ戦に続いてスペイン戦でも歴史的な勝利を収めた日本代表。欧州のメディアは2度目の快挙をどう伝えたのか。

 「日本はもはや『キャプテン翼』だけではない」。スペインの主要紙エルパイスは、スペインでも人気のある日本のサッカー漫画「キャプテン翼」を見出しにして、日本代表の世界レベルでの躍進が漫画ではなく、現実になりつつあることを伝えた。

 スペインは自力ではなく、コスタリカ戦でのドイツの勝利のおかげで決勝トーナメント進出が決まった。そのため「日本はドイツを一蹴し、スペインにも(1次リーグ敗退という)歴史的な打撃を与えるところだった」と指摘した。

 スポーツ紙マルカも「グラシアス(ありがとう)! ドイツ」との見出しで、日本に敗れて決勝トーナメントに進むことになったスペインの試合ぶりを速報。「約5分間で2失点し、スペインはパニックに陥った」と厳しい戦評を掲載した。

「予測不能な日本!」「クレージーなW杯」欧州各国が報道

 英BBCは試合終了直後に特設サイトで「ワオ、なんて夜なんだ?」と伝えた。日本とスペインのボール支配率やパスの本数を比較して、17・7%のボール支配率での日本の勝利は、W杯記録だとしている。

 日本のドイツ戦での勝利を予…

この記事は有料記事です。残り320文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント