二審も名古屋市敗訴、トリエンナーレ負担金未払い訴訟

[PR]

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の実行委員会(会長・大村秀章愛知県知事)が名古屋市に未払いの負担金を支払うよう求めた訴訟の控訴審判決が2日、名古屋高裁であった。松村徹裁判長は市に未払い分約3380万円の支払いを命じた一審判決を支持し、市側の控訴を棄却した。

 芸術祭は県や市などでつくる実行委が主催。企画展「表現の不自由展・その後」に慰安婦を表現した少女像などが出品されたが、抗議や脅迫が相次いだ。

 市は開催前、負担金約1億7100万円の交付を決定したが、展示作品の内容などを問題視し、約1億3700万円の交付にとどめた。実行委は20年5月に未払いの差額分の支払いを求めて提訴した。

 今年5月の名古屋地裁判決は「芸術活動は多様な解釈が可能であり、斬新な手法を用いることもある」とした上で、「鑑賞者に不快感や嫌悪感を生じさせるという理由で、その芸術活動を違法であると軽々しく断言できるものではない」と判断。「違法性が明らかな作品の展示を公金で援助することは許されない」などとする市の主張を退けた。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント