俳優の渡辺徹さん死去、61歳 「太陽にほえろ!」などに出演

 俳優でタレントの渡辺徹(わたなべ・とおる)さんが11月28日、敗血症のため死去した。61歳だった。葬儀は家族葬で営む。所属する文学座によると後日お別れの会を開く予定という。

 栃木県生まれ。1980年に文学座演劇研究所に入り、81年に日本テレビ系のドラマ「太陽にほえろ!」のラガー刑事役でデビュー。その後もNHK大河ドラマ「春日局」や「秀吉」などに出演、歌手やバラエティー番組などにも活動の幅を広げ、人気を集めた。

 所属する文学座の公演をはじめ、舞台への出演も続け、「功名が辻」などで菊田一夫演劇賞を受賞。文学座での出演は18年の「真実」が最後となった。

 私生活では、87年に歌手で俳優の榊原郁恵さんと結婚し、長男は俳優の渡辺裕太さん。

 文学座によると、11月20日に発熱や腹痛の症状が出て受診し入院。敗血症と診断され、治療を続けていたという。ブログには同19日に秋田市であった心臓病がテーマの講演会に参加したことをつづっていた。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント