里見香奈白玲が就位式で抱負 佐藤会長が語った「強い棋士」の条件

有料記事

村瀬信也
[PR]

 将棋の第2期白玲戦七番勝負(ヒューリック主催)を制した里見香奈白玲(30)=清麗・女流王座・女流王位・倉敷藤花と合わせ女流五冠=の就位式が2日、東京都港区で行われた。謝辞に立った里見白玲は、フルセットにもつれ込んだ七番勝負を振り返り、今後に向けて抱負を語った。

 8~10月に行われた七番勝負で、昨年、初代白玲となった西山朋佳女王・女流王将(27)を4勝3敗で破った。里見白玲は「今期の七番勝負は自分の良いところも悪いところも全て出た。今後も強さ、個性、楽しさを(自分の将棋に)採り入れられるように一日一日を大事にして精進したい」と述べた。

 近年、里見白玲は序盤から意…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り276文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント