杉田水脈氏、同性カップル「生産性がない」など撤回 差別とは認めず

安倍龍太郎
[PR]

 杉田水脈(みお)総務政務官は2日の参院予算委員会で、性的少数者らを差別する発言の一部を撤回し、当事者らに謝罪すると表明した。ただ、それらが差別発言かどうかを問われても「それも含めてしっかり精査して対応したい」と述べるにとどめ、認めなかった。

 社民党福島瑞穂党首への答弁。杉田氏は、松本剛明総務相から過去の差別発言について謝罪と取り消しをするよう指示があったと説明。「内閣の一員としてそれに従い、傷つかれた方々に謝罪し、そうした表現を取り消す」と述べた。

 撤回したのは、月刊誌で子どもをつくらない同性カップルは「生産性がない」と評したことと、ブログに書き込んだ「チマチョゴリやアイヌの民族衣装のコスプレおばさん」との表現。性被害を訴えたジャーナリストの伊藤詩織氏について「落ち度があった」と言及したことや「女性はいくらでもウソをつける」などの他の発言については「精査して対応する」と述べ、撤回しなかった。

 この日の委員会では、自身が障害者の天畠大輔氏(れいわ新選組)も「障害者や同性愛者を社会の役に立たない存在として葬り去ろうとしたかつての全体主義と重なる」と指摘した。岸田文雄首相は「内閣の一員としての意識を改めて持ってもらったと受け止めている。引き続きその職責を果たしてもらいたい」と述べ、更迭しない考えを示した。(安倍龍太郎)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    プチ鹿島
    (時事芸人)
    2022年12月2日16時53分 投稿
    【視点】

    岸田首相は杉田氏について「過去の発言は政治家本人が自身の責任で丁寧に説明すべき」と言っていました(11月24日)。しかし杉田氏の発言は「過去」だけでなく「現在」も酷いことが最近の答弁でもわかります。問われるのは説明責任ではなく岸田首相の任命

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]