阪神・岡田監督の「アレ」、井上章一さんが分析 「大相撲に近い」

有料記事

笠井正基
[PR]

 プロ野球・阪神の岡田彰布(あきのぶ)新監督が、来年の目標「優勝」を「アレ」という言葉に置きかえて話し続けています。ファンには伝わりますが、あいまいな表現で一般には分かりにくい気もします。阪神に関する著作もある、国際日本文化研究センター井上章一所長(67)に話を聞きました。

 岡田さんはオリックス監督時代の2010年にも、優勝を「アレ」と言って、交流戦初優勝を達成しました。球団も、「アレしてもうた」Tシャツを売り出しましたね。岡田さんならではのボキャブラリーだと思います。

 スポーツ選手や監督らの目標…

この記事は有料記事です。残り846文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント