三笘薫と田中碧、川崎ホットラインつながった ともに代表に至るまで

有料記事森保ジャパン

堤之剛
[PR]

 (1日 1次リーグE組 日本2―1スペイン)

 後半6分に日本が挙げた決勝点は、MF三笘薫(ブライトン)がゴールラインぎりぎりから上げた球を、MF田中碧(あお)(デュッセルドルフ)が押し込んで生まれた。

 三笘は、決勝点のシーンを笑いながら振り返る。

 「なんで、(田中が)ああいうところにいるのかわかんないですけど。見えないところで頑張っていたのが点につながったのは、彼にとってもご褒美」

 田中は、三笘への感謝を口にした。

 「薫さんがなんとか残してくれたので」

 25歳の三笘と24歳の田中は、J1川崎フロンターレの下部組織で育った。

 三笘は高校3年のとき、トップチームに昇格してプロになることを打診された。

 だが、選んだのは筑波大への…

この記事は有料記事です。残り558文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント