神社の守り猫「ミケさん」 今も覚えている最後の姿 命日にお守りを

有料記事

井上恵一朗
[PR]

 東京都杉並区高円寺氷川神社に、住み着いた一匹の三毛猫がいた。「ミケさん」と呼ばれていた。

 宮司で猫好きの松井美加子さん(57)が面倒を見てきたが、生前、一度も触らせてはくれなかった。だが不思議と、境内にもう一つある「気象神社」で晴天祈願をする際は、近くでうずくまって過ごしていた。

 そんなとき、松井さんは心の中で声をかけた。

 “これからおはらいよ”

 ミケさんからも、“がんばってね”と言われた気がした。「見守ってくれている感じがあって、特別な猫さんでした」

 出会ったのは2010年ごろ。生後間もない大きさで、母猫ときょうだい3匹が一緒だった。母猫やほかのきょうだいたちはいつしか姿を見なくなり、三毛猫1匹だけになった。

 主な居場所は本殿の軒下。社殿の明かり取りでひなたぼっこをしたり、気象神社の小さな階段を軽快に上り下りしたり。常連の参拝客にも知られる存在になっていった。

 最期の姿もまた、松井さんに特別な印象を残すものだった。

 17年12月3日。ミケさん…

この記事は有料記事です。残り592文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント