米テスラ、EVトラック販売へ 構想公開から5年、初の納入先は……

有料記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米電気自動車(EV)大手テスラは1日、電動トラック「セミ」の納入を始めた。同社はこれまでセダンやSUV(スポーツ用多目的車)などの乗用車を展開してきたが、構想の発表から5年で商用車の販売にこぎ着けた。

 「発表以来多くのことが起きた。今晩、最初の製品を納入できることにとても興奮している」

 イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1日、トラック工場がある米ネバダ州での発表会でそう話した。

 初の納入先は米飲料大手ペプシで、米メディアによるとペプシは15台のセミを導入予定という。発表会のライブ動画は、マスク氏が買収したツイッター上で配信された。

 セミの充電1回あたりの航続…

この記事は有料記事です。残り319文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント