• アピタル

コロナとインフルの同時流行、1日最大90万人の診療可能に 厚労省

有料記事新型コロナウイルス

神宮司実玲
[PR]

 新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に備え、厚生労働省は2日、ピーク時には発熱外来やオンライン診療などで1日最大90万人を診療できる体制を確保したと発表した。都道府県から体制を聞き取って、集計した。

 過去のピークなどをもとに、都道府県がコロナとインフルの患者数を推計。それを厚労省が集計した結果、1日あたりのピーク時の患者数は全国で計81万人になった。一方、発熱外来を増やしたり、診療時間やかかりつけ患者以外への対応を拡大したりすることで、最大で計90万人を診療できる体制をつくれるという。

 内訳は、発熱外来や小児科など87万人、電話やオンラインによる診療2・3万人。平日以外でも土曜日は最大55万人、日曜・祝日は同23万人に対応できる体制になった。ただし、この数字は、医療従事者の感染などによる欠勤の影響は考慮されていない。

 政府は10月、同時流行によ…

この記事は有料記事です。残り360文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]