見上げればM・モンローの肖像画 由緒ある寺がポップになった理由

有料記事

文・羽賀和紀 写真・上田潤
[PR]

 白装束のお遍路さんに交じって境内へ向かうと、山門の石段で足が止まった。「ROAD TO FREEDOM」(自由への道)。ポップな字体が由緒ある寺にいざなう。

 弘法大師の足跡をたどる「遍路」は、四国八十八カ所の霊場を巡礼する。その第37番札所・岩本寺(高知県四万十町)は、日本最後の清流として名高い四万十川のほとりにある。

 山門をくぐると、手足が生えたハートマークのキャラクターのイラストが左右に飾られている。1300年の歴史を持つ寺とは不似合いなアクリル画。さらに境内へ踏み入ると、赤や青などに彩られた石畳が目に入る。

 寺のポップアート化を手掛けたのは、映画スター・ウォーズ」の公式グッズ制作などで知られる人気アーティストのSHETA(シータ)さん(37)。「伝統ある寺とポップアート。参拝者にはギャップを面白いと感じてほしい」と話す。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員登録すると応募できるプレゼントもあります。12月11日(日)締め切り

 13ある宿坊の1部屋は、鮮…

この記事は有料記事です。残り989文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント