食通も足しげく通う名居酒屋 ジャンルレスな料理の顔ぶれは圧巻

有料記事

柴田くみ子=ライター
[PR]

ときため(大阪)

 この日、豆皿で出されたお通しは揚げたてのカニ入りさつま揚げ。何げなく見えて、熱々のそれはちゃんとふり柚子(ゆず)の香りをまとっていた。

 店主・小柳喬さんは肥後橋の人気居酒屋『和じ庵』で、店長兼料理長として13年勤め上げ、2020年、女将(おかみ)の美幸さんと共に自店を開いた。

 和の居酒屋なら、まずは造りからというのが定石。長崎の本マグロ、活(い)けのとらふぐてっさなど、鮮度のよさは言わずもがな。しかし、そこでとどまらないところに人気の秘訣(ひけつ)がある。

 エビフライにチキン南蛮、鶏…

この記事は有料記事です。残り517文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載厳選推し店 あまから手帖×朝日新聞

この連載の一覧を見る