巨額29兆円の2次補正予算成立 野党は批判「財政民主主義を軽視」

有料記事岸田政権

安倍龍太郎
[PR]

 岸田政権による経済対策の裏付けとなる2022年度第2次補正予算が2日の参院本会議で、自民党公明党国民民主党などの賛成多数で可決、成立した。物価高騰対策が柱で一般会計歳出は28兆9222億円と巨額だ。臨時国会で残った最大の焦点は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を受けた被害者救済新法の成否となる。

 補正予算は、高騰するエネル…

この記事は有料記事です。残り533文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント