三笘薫を支える「チームみとま」 血液検査データを元に献立づくりも

有料記事

野村周平
[PR]

 (1日 1次リーグE組 日本2―1スペイン)

 日々の小さな積み重ねが、ワールドカップという大舞台で花開いた。

 MF三笘薫は、筑波大の時から自身の体調管理に気を配ってきた。

 細身の体を大きくしようと、毎朝、体重を計測してきた。

 試合前日や当日の食事をメモして、食事の流れを「ルーティン」化する作業もしていたという。

 また、疲労度や練習の質を数字で可視化できるアプリ「ワンタップスポーツ」を使って、自己管理する習慣を身につけていた。

 「客観的な視点を持ってデータを見ることは大学時代からやっていた。それが今の自分に生きている」

 J1川崎フロンターレを経て…

この記事は有料記事です。残り611文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント