勝敗を分ける要素、戦術ではなく「細部の徹底」 岡田武史の目

有料記事森保ジャパン

元日本代表監督
[PR]

(1日 W杯1次リーグE組 日本2-1スペイン)

 ゲームのポイントは前半30分過ぎの変化にあった。

 そこまでは前へプレスに出ていけないし、何点取られるんだろう、と思ってしまうような展開だった。

 ところが、相手の配球役のブスケツやセンターバックに対して、急に田中や守田が出ていくようになり、谷口や板倉が前に出て相手MFを捕まえるようになった。

 ベンチの指示なのか、選手がピッチで解決したのかはわからない。

 が、あれで行けると感じたはずだ。ああいう守備をされたら、スペインでもそう簡単には崩せない。

 スペインもドイツも先に点を取って、これで勝てると思ったのだろう。

 そこに三笘や堂安ら勢いのある選手が入って流れを変えた。特に三笘の守備は素晴らしかった。

 W杯で勝負を分けるのは戦術がどうとかではない、と私は言ってきた。

 ボールにあと50センチ寄せ…

この記事は有料記事です。残り429文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント