ドイツ敗退は日進月歩のサッカー界を象徴 戦術か個人か、振れる針

有料記事

潮智史
[PR]

(1日 W杯1次リーグE組 ドイツ4-2コスタリカ)

 ドイツにとってコスタリカ戦は、W杯史上最多となる112試合目のゲームだった。

 優勝4度を誇る強豪の存在は、サッカー界の変化の速さを物語っている。

 2014年ブラジル大会では他を寄せつけずに優勝。ボールを前線から追い込み、奪っては高速のカウンターを仕掛けた。

 いまや世界中に広がった現代サッカーを先取りし、身にまとっていた。

 そんなチームが、2大会連続で1次リーグを突破できなかった。

 4年に1度という時間の流れは絶妙なタイミングでやってくる。

 進化や世代交代と、残すべきもののバランス。

 1962年のブラジルを最後に連覇のない歴史が、この世界で勝ち続けるハードルの高さを示す。

 ITが進むこの時代だ。新鮮だった戦術や理論はあっという間に世界中に広まる。

 新しいものが生み出される一方で、ファッションのように時を経て、再び脚光を浴びるものもある。

 日本サッカー協会技術委員会の影山雅永ユース育成ダイレクターはこの秋、ドイツで開かれたコーチ会議に出席した。

 コロナ禍で3年ぶりの開催だった。

 前回は「ポジショナルプレー」「ハーフスペース」といった用語があふれかえり、戦術の話が盛んだった。

 ところが、今秋は、戦術的な…

この記事は有料記事です。残り386文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント