「ややこしい話をします」 渡辺徹さんが故郷の若者に語った人生訓

有料記事

河合博司 久保田一道
[PR]

 11月28日に61歳で亡くなった俳優でタレントの渡辺徹さんは、小学校から高校まで茨城県古河市で過ごした。昨年1月には、ふるさとをPRする大使として、新成人に人生や妻の榊原郁恵さんについて語っていた。

 渡辺さんは、古河第一中学校、古河第三高校で生徒会長を務めた。高校卒業後の1980年に文学座演劇研究所に入り、81年に日本テレビ系のドラマ「太陽にほえろ!」のラガー刑事役でデビュー。その後、歌手やバラエティー番組などにも活動の幅を広げ、人気を集めた。

 95年からは「いばらき大使」、2007年8月からは「古河大使」を務めた。

 昨年1月には古河市の新成人に約2分の動画メッセージを寄せ、こう切り出した。「ややこしい話をさせていただきます」

 地球の歴史と比較して「あっ…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り842文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント