非行繰り返した少年が保護司に 更生まで、一緒の目線で寄り添って

有料記事

堅島敢太郎
[PR]

 【香川】犯罪や非行を犯した人の立ち直りを地域で支援する保護司高松市で食肉加工会社を経営する傍ら、昨夏から保護司として活動する高松市の山本聖二さん(41)は、自身も10代のときに保護観察を受けた経験から、相談者と同じ目線でのアドバイスを続けている。

 ――保護司を始めたきっかけを教えてください

 10代のときは非行を繰り返し、保護観察処分を受けていた時期もありました。

 変わるきっかけは17歳で、父が初めて留置場に面会に来たときでした。父は怒るときは人目も気にせず怒る人です。怒鳴られることを覚悟していると「体、大丈夫か。調子悪くないか。元気か」と予想とは全く逆の言葉をかけられました。とっくに見捨てられていると思っていたので、思わず涙があふれ、自分自身を見つめ直すようになりました。

 20歳の頃に食肉関係の仕事に就きました。様々な人のお世話になり、本当に人に恵まれています。

 恩返しするにはどうすればいいか。10代や20代前半では、会社や近所の人など、周囲にたくさん迷惑をかけてきました。一人の人間として、「人のために何かしたい」と思うようになりました。

 今の会社を35歳で叔父から引き継ぐと、犯罪や非行をした人を雇用する「協力雇用主」に登録しました。個人としても誰かを助けたいとの思いが強くなり、昨年、家庭裁判所へ相談に行きました。

 ――家庭裁判所の反応はどうでしたか

 保護司は非常勤の国家公務員

この記事は有料記事です。残り1513文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント