首相、国民民主党の連立参加、「全く考えていない」 一部報道を否定

自民国民

[PR]

 岸田文雄首相(自民党総裁)は2日、自民党公明党との連立政権に国民民主党を加える案を検討しているという同日の時事通信の報道について、「どこからそういった情報が出たのかは知らないが、私は全く知らないし、私自身考えていない」と否定した。首相官邸で記者団の取材に答えた。

 公明党の山口那津男代表も2日、国会内で記者団の取材に応じ、「全く聞いたことがないし、我が党幹部からもそういう話を聞いたという報告もないので、検討のしようも、判断のしようもない」と語った。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は2日夜、記者団の取材に「大変驚いている。報道されているような事実はない」と否定した。

 国民民主は2日に成立した今年度第2次補正予算について、今年度の当初予算と第1次補正予算に続いて賛成に回った。これまでも原油高騰対策で与党と政策協議を進めるなど政治姿勢が「与党寄り」とされている。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント