「弱者に手厚く」のはずが水ぶくれ 補正予算、平時への移行ほど遠く

有料記事

西尾邦明 阿部彰芳
[PR]

 岸田政権による経済対策の裏付けとなる2022年度第2次補正予算が2日の参院本会議で、自民党公明党国民民主党などの賛成多数で可決、成立した。物価高騰対策が柱で一般会計歳出は28・9兆円と巨額だ。コロナ禍の「例外からの脱却」はほど遠く、政権浮揚の狙いも評価は割れる。

 今年の補正予算の追加歳出は1次と2次で計31・6兆円。22年度全体では139・2兆円となり、過去3番目の規模に膨らんだ。

 「今まさに例外から脱却し、平時への移行を図るべきタイミングだ」

 財務相の諮問機関である財政制度等審議会が11月29日に鈴木俊一財務相に手渡した建議(意見書)はそう強調する。5月の建議でもコロナ禍で膨張した財政運営について「戦後最大の『例外』」とし、転換を求めてきた。

 それらは財務省の意向を色濃…

この記事は有料記事です。残り1407文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

金融緩和とは結局、何だったのか。分かりやすいイラストや専門記者の解説で探るとともに、私たちの暮らしへの影響を検証します。[記事一覧へ]