補助しても上昇分は吸収できず?目玉の電気料金支援、その効果とは

有料記事

岩沢志気
[PR]

 一般会計の歳出が約29兆円となる巨額の補正予算が成立した。

 今回の補正予算の目玉は、電気や都市ガス、ガソリンといったエネルギー分野の負担軽減策だ。総額6兆円超をつぎ込む。

 今年1月から続くガソリン補助金に加え、政府は電気と都市ガスの補助制度を来年1月以降に始める。電力会社やガス会社に支援金を払い、電気やガスの料金を抑える仕組みだ。電力会社と都市ガス会社は登録申請を始めており、電力、都市ガス会社の大半が参加する見通しという。

 電気は家庭向けで1キロワッ…

この記事は有料記事です。残り713文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント