「ボール渡すの遅い」部員の頭バットでたたく 和歌山商の野球部監督

高田純一
[PR]

 和歌山県和歌山商業高校の野球部監督(64)が10月の練習中、部員だった1年生の男子生徒(16)の頭をバットでたたき、けがを負わせていたことがわかった。生徒側から被害届を受けた県警和歌山西署が傷害の疑いで調べている。

 生徒の保護者や学校によると、10月15日午前、学校のグラウンドでノックをしていた監督は、生徒が自身へボールを渡すのが遅いと頭をヘルメットの上から木製バットでたたいたという。生徒は頭部打撲の軽傷を負った。生徒は「頭を強くたたかれたのでもうやりたくない」と翌日から練習を休み、11月上旬に退部した。その後、適応障害の疑いがあると診断され、現在加療中だという。

 学校は体罰があったことを日本高校野球連盟に報告している。学校は調査で、ほかの部員に対して4件の体罰も確認した。監督は体罰を認め、生徒と保護者に「熱が入り過ぎた指導をしてしまい、申し訳ありません」と謝罪しているという。中村憲司校長は「体罰は極めて遺憾。生徒には申し訳なく思っており、厳正に対処する」と話した。

 同校野球部は甲子園に春3回、夏4回出場。監督は2010年に就任。教職員ではなく外部からの監督。今年7月の全国選手権和歌山大会は初戦で敗れた。(高田純一)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント