世界陸上で誹謗中傷の投稿、27選手が被害 目に余る内容には制裁も

有料記事

ニューヨーク=遠田寛生
[PR]

 世界陸連は2日、今夏に米オレゴン州ユージンで開催した陸上の世界選手権の期間中に、出場選手がSNS上で受けた誹謗(ひぼう)中傷の調査結果を発表した。

 全出場選手のうち461選手の個人アカウントを調べたところ、寄せられた計42万7764件の投稿やコメントのうち、27選手に対する計59件が誹謗中傷にあたると判断した。

 調査の対象としたSNSはツイッターインスタグラム。誹謗中傷で最も多かったものが性的な内容で42%。人種差別が19%で続いた。

 特に黒人選手への中傷がひど…

この記事は有料記事です。残り331文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント