ありがとうは言わない、W杯に立つまで 浅野拓磨とトレーナーの約束

有料記事森保ジャパン

アルラヤン=江戸川夏樹 飯島健太
[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会。日本は強豪スペインを破り、決勝トーナメント進出を決めた。ハリファ国際競技場では試合後、ピッチの浅野拓磨選手がスタンドに向かって手を振った。

 その先には涙で目をはらした西田勇人さん(35)がいた。

 西田さんは、ドイツボーフムに所属する浅野選手が、帰国時に通うキックボクシングジムのトレーナーを務める。

 ドイツ戦の活躍を日本で観戦し、心が震えた。そのまま、飛行機を予約する。ホテルはどこも高い。0泊3日の予定で、この試合のために駆けつけた。

 浅野選手と知り合ったのは今年初め。だが10月ごろになると、連絡をしても素っ気なくなった。代表の選考が近づいていた。「あきらかにつらそうで、いてもたってもいられなくなった」

 西田さんは、ボーフムへ飛ぶ。たった1時間のやりとり。それでも浅野選手の表情は明るくなっていった。そして言った。「今は『ありがとう』とは言いません。W杯で立つ姿を見せたい。それが僕なりの感謝です」

 西田さんはこの日、カタールの地で当時の約束を思い出した。「この瞬間が見られれば十分。夢をかなえてくれた」

 東京都墨田区フットサルチ…

この記事は有料記事です。残り560文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント