舞台はスペイン 宝塚スター鳳月杏、替え玉劇で見つける本当の自分

有料記事宝塚歌劇団

河合真美江
[PR]

 サッカーW杯の1次リーグで日本がスペインを破った興奮が冷めやらぬ中、マドリードを舞台にした宝塚歌劇団の月組公演「ELPIDIO(エルピディイオ)~希望という名の男~」が12月3日、大阪の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで始まった。光も影も演じられる男役スター鳳月杏(ほうづき・あん)が主演し、おとなの味を存分にみせている。

 自分を隠さず、自分を生きる――。難しい。社会の状況が厳しい中では、なおさらだ。それでも希望をもつ意味をすがすがしい展開で届ける。

 植民地が次々に独立し終焉(しゅうえん)を迎えた20世紀初めのスペイン帝国。国の行く末を案じる若者たちがマドリードの酒場に集う。その中に謎の男、ロレンシオ(鳳月)がいた。ひょんなことから軍の大佐でもある侯爵の「替え玉」にされ、すったもんだの末、侯爵の妻パトリシア(彩みちる)と恋に落ちる。ELPIDIOとは、戦争や軍の弾圧への憤り、苦しみを詩にうたって、新聞に投稿していたロレンシオのペンネームだった。

ニュースレター【月刊タカラヅカPlus】

タカラヅカをもっと近くに。スターのインタビューやOGの活躍をメールでお届けします。

 作・演出・振り付けは謝珠栄…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り769文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント