ブラジル最年長、アウベス 代表滑り込み「努力は報われると学んだ」

有料記事

潮智史
[PR]

 (2日 1次リーグG組 カメルーン1―0ブラジル)

 39歳のW杯出場はブラジル代表の最年長記録にあたる。右サイドバック(SB)に入ったアウベスが新たな足跡を刻んだ。

 チームがすでに1次リーグ突破を決めていたため、出番が巡ってきた。

 チチ監督は主力を休ませ、控え組で先発を組んだ。39歳にはチームキャプテンを示す腕章が託された。

 スピードは衰えたが、小気味よくボールを動かして攻撃の組み立てに絡む。スペインの強豪、バルセロナで一時代を築いた技術の高さを見せた。

 2006年の代表デビュー以来、長い時間をセレソン(ブラジル代表の愛称)で過ごしてきた。

 W杯は3回目だが、つらい思いも味わっている。

 2014年の自国開催では準…

この記事は有料記事です。残り351文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント