1時間で消えた肩の痛み 楽天ドラ1右腕に施したクリティカルヒット

有料記事

山口史朗
[PR]

 1回1時間の施術、指導で目に見える変化をもたらしていく。取材した日も、一人の選手が笑顔になった。

 「え、いい感じなんですけど」

 ボールを投げた瞬間、パッと表情が明るくなったのは、10月のプロ野球ドラフト新人選択)会議で楽天から1位指名を受けた荘司康誠(こうせい)投手(22)=立教大=だ。

 数分間で腕や胸をほぐした後、複数のジャンプドリルをした。胸骨の使い方を改善し、上半身と下半身の連動を高める目的だという。そして球を投げた。

 好感触は画面に映し出された…

この記事は有料記事です。残り1145文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント