クロアチアってどんな国?新婚旅行で人気・内戦の歴史・カズもプレー

有料記事

ブリュッセル=玉川透
[PR]

 サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本はドイツスペインと優勝経験国を相次いで破り、2大会連続の決勝トーナメント進出を決めました。1回戦で対戦する相手はクロアチアです。思い浮かぶのは、世界遺産、マグロ、カズ……。そして、サッカーへの並々ならぬ国民の情熱は、多民族統合の歴史と深く結びついています。どんな国なのでしょうか?

 ヨーロッパの南東、バルカン半島の西岸にあるクロアチアでは、九州の約1・5倍の国土に約406万人(2019年)が暮らしています。

 アドリア海に面した美しい海岸線が5800キロ以上にわたって続き、北部には多くの温泉がある自然豊かな国です。

 「アドリア海の真珠」とうたわれる南部の城壁都市ドブロブニクは、新婚旅行先として人気で、日本をはじめ世界中から観光客が訪れます。ドブロブニクの旧市街をはじめ多くの世界遺産を抱え、観光業が国内総生産(GDP)の2割近く(19年)を占めています。

 ほかにも、オリーブ栽培や造船業、ワインづくりなどが盛んで、日本との貿易では輸出の約5割がアドリア海産のクロマグロです。

 東西ヨーロッパのはざまにあり、たびたび他国に侵略されてきました。16世紀にはハプスブルク帝国の支配下に入り、海岸の景勝地は貴族たちの別荘地に。第2次世界大戦中はナチス・ドイツの傀儡(かいらい)国が樹立されました。

 東西冷戦中は、セルビアスロベニアなどとともに六つの共和国の一つとして旧ユーゴスラビア連邦を構成しました。

隣人が隣人を殺すような…

 しかし、再び戦禍に見舞われ…

この記事は有料記事です。残り1501文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント