習氏「コロナ禍でいらだち」 抗議活動に初言及、EU首脳と会談で

有料記事

北京=高田正幸
[PR]

 中国で広がった「ゼロコロナ」政策への抗議活動について、1日に欧州連合(EU)のミシェル首脳会議常任議長と会談した習近平(シーチンピン)国家主席が「3年間のコロナ禍で、主に学生にいらだちが募っている」と原因を説明していたことがわかった。EU高官が2日、明らかにした。

 抗議活動に対する習氏の認識が明らかになるのは初めて。一連の抗議の後、中国では広州市を中心にゼロコロナ政策を緩和する動きがある。習氏が市民の不満を認識したことが、政策に影響した可能性がある。

 EU高官によると、習氏は会…

この記事は有料記事です。残り266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(今なら2カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【1月24日まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!