米のFWプリシック、オランダ戦へ「出場許可」 イラン戦で骨盤挫傷

有料記事

[PR]

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会に出場している米国代表は2日、1次リーグ最終戦のイラン戦で負傷し、途中交代したFWクリスチャン・プリシックについて、決勝トーナメント1回戦のオランダ戦への出場許可が下りたことを明らかにした。公式ツイッターで発表した。

 プリシックは11月29日のイラン戦で決勝ゴールを挙げた際にGKと交錯し、前半終了時に交代。病院に運ばれ、骨盤挫傷と診断されていた。

 NBCなどの米メディアによると、バーハルター監督は練習後の会見で「出場出来る見込みだ」と話した。プリシックも「痛みはある」としたうえで、試合出場に強い意欲を示しているという。先発か途中出場かは決まっていない。

 プリシックは今大会までに…

この記事は有料記事です。残り245文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント