「協力」から一転「脅威」へ? 接近する中ロに日本はどう向き合うか

有料記事

編集委員・佐藤武嗣 同・土居貴輝 編集委員・吉岡桂子 同・佐藤武嗣 論説委員・駒木明義
[PR]

 11月30日午前。日本周辺の空域を監視する航空自衛隊航空総隊(東京・横田基地)のモニターが、東シナ海方面から日本に近づく機影を捉えた。

 「スクランブル!」。九州の空自基地からF2戦闘機などの編隊が次々と緊急発進した。機影は中国のH6爆撃機2機。日本が防空のため領空の外側に設定した防空識別圏(ADIZ)に入り、対馬海峡を通り、日本海に向かっていた。

 ほぼ同時刻、ロシア軍機とみられる2機も日本海を南進していた。2機は島根県沖の北緯38度線付近で南下をやめ、同じ空域を旋回するような動きを繰り返した。この空域に北上した中国の爆撃機が到達すると、「中国軍機を待っていたかのように」(防衛省幹部)4機は並んで飛行した。

 中ロの動きはこれで終わらなかった。

 同日午後には、中国のH6爆…

この記事は有料記事です。残り3926文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント