松野官房長官が那覇市長と面会 米軍基地問題めぐり意見交換

有料記事岸田政権

楢崎貴司
[PR]

 沖縄基地負担軽減担当相を兼ねる松野博一官房長官は3日、沖縄を訪れ、今年10月の那覇市長選で初当選した知念覚(さとる)市長と面会した。米軍基地の返還問題を抱える自治体の首長と意見交換し、理解を得るのがねらい。

 那覇市の米軍那覇軍港を巡っては、約7キロ北の浦添市に移設する計画が進んでいるが、「県内移設」への反発も根強い。松野氏は「地元の皆様に与える影響を最小限にとどめるよう、引き続きしっかりと取り組む」と強調。軍港の移設に理解を求め、移設後の跡地利用に国も支援すると明言した。知念市長は「(移設を)沖縄県、本市、浦添市で強力に推進していけるよう最大限努力する」と話した。

 知念氏は市長選で自民、公明…

この記事は有料記事です。残り174文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント