キーウのディオール看板に落書き「戦争支持」 コレクションが背景か

ウクライナ情勢

キーウ=根本晃
[PR]

 ロシアが侵攻を続けるウクライナの首都キーウで3日までに、高級ブランド「ディオール」の店舗の入り口に、「ディオールは戦争を支持している」などと落書きされる事件があった。ディオールが発表した最新コレクションが「ロシア的だ」と一部で非難されていることが背景にあるとみられる。

 複数のウクライナメディアが3日報じた。報道によると、落書きは他に「ロシア風」「恥」と書かれていた。ディオールは11月下旬、インスタグラムに新しいコレクションの画像を投稿。これに対し、「白樺(しらかば)を使うなどロシア的モチーフが見られる」などと非難する声が一部で上がっていた。白樺はロシアを象徴する樹木の一つとされる。

 現場は高級ブランド店が立ち並ぶキーウ中心部の通り。朝日新聞記者がこの日現地時間午前10時ごろに現場に行くと、落書きが消された跡が残っていた。(キーウ=根本晃)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント