FIFAの「予言」通り?アジア勢躍進のW杯 得点パターンに変化も

有料記事

潮智史
[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は2日、1次リーグ(L)計48試合を終えた。

 ここまでの戦いぶりから浮かび上がる今大会の傾向とは。

「予言」していたFIFAの技術分析班

 決勝トーナメント(T)に進んだ16チームを各大陸連盟別に見ると、欧州8、アジア3、南米2、アフリカ2、北中米カリブ海1。

 アジア勢3チームが決勝Tに進むのは初めてだ。

 これまでは2002年日韓大会、10年南アフリカ大会での2チーム(いずれも日本と韓国)が最多だった。

 開幕前に国際サッカー連盟(FIFA)の技術分析班は「サプライズが起きるかもしれない」としていた。その「予言」に沿うかのように、アジア勢は格上を相次いで破った。

 日本はドイツスペインに、サウジアラビアアルゼンチンに、韓国はポルトガルにいずれも逆転勝ちした。

 酷暑を避けて11月に開幕する異例の大会。

 直前まで欧州各国リーグがあり、従来のように1カ月をかけた準備はできない日程だった。

 元日本代表監督の岡田武史さんは「強豪国が持つノウハウが今大会は生かせていない。短期間でチームをまとめあげる作業は日本人向き。この先もなにが起きるのか、想像がつかない大会だ」と指摘する。

試合運び「手堅くなっている」理由は

 前回優勝国は過去3大会続けて1次Lで敗退した。

 前回覇者フランスは2戦を終えた時点で危なげなく1次L突破を決め、ジンクスを断ち切った。

 得点パターンではクロスから…

この記事は有料記事です。残り612文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント