藤井聡太竜王、防衛から一夜明け 手には「千思万考」の揮毫

有料記事

北野新太
[PR]

 将棋の藤井聡太竜王(20)=王位・叡王・王将・棋聖と合わせ五冠=が4日午前、前日に竜王防衛を決めた鹿児島県指宿市で一夜明け会見に臨んだ。

 2、3日に同市で指された第35期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第6局で挑戦者の広瀬章人八段(35)に勝ち、4勝2敗で2連覇を達成した。

 藤井竜王の表情は、対局の疲れも感じさせず涼やかだった。「千思万考」と揮毫(きごう)した色紙を手に「千思万考はいろいろな考えを思い巡らすこと。今シリーズ、長い持ち時間で深く考えたことができた一方、いろいろな手が考えられる局面で掘り下げて比較することができなかったところもあります。(言葉を)意識していきたいです」と語った。

 来年1月に開幕する王将戦七…

この記事は有料記事です。残り187文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント