灘中高校長から受験生へ 入学前に「学びの原動力」を育む経験を

有料記事校長から受験生へ

聞き手・編集委員 宮坂麻子

連載「校長から受験生へ」

主に首都圏の中学・高校の校長から受験生へのメッセージを順次配信します。

[PR]

灘中学・高校 海保雅一校長

 4月に校長に就きました。創立95周年。歴史ある学校ですので、校長が代わったからといって、教育方針に大きな変化はありません。

 ただ、「主体的な学び」はより進めていきたいですね。そのために、入学前に好奇心、探究心を育むことをお願いしたいと思います。今は他の中学、高校でも、探究活動が盛んに行われています。しかし、「探究しなさい」と言って、急に探究心が生まれるわけではありません。幼児期や小学生の間に、学びの原動力を育む経験をどれだけしてきたかが大切と考えます。

 小学校低学年までに、ご家族でいろいろな所に出かけて自然を体験したり、家庭内でお手伝いや料理をしたり、あるいは忙しいご家庭なら集団での活動に参加させたりして、テストなどでは測れない人間力や社会性などの「非認知能力」を養っていただきたい。

学校選び 図書館も参考に

 本校は、音楽をたしなむ生徒…

この記事は有料記事です。残り920文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
大学入学共通テストの問題と解答を速報中

大学入学共通テストの問題と解答を速報中

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]