クロアチア人の妻はサッカーが苦手 日本人の私が見てきた等身大の姿

有料記事

田島知樹
[PR]

 クロアチア出身の妻は日本に計9年以上住んでいる。残念ながらサッカーに興味はない。むしろちょっと苦手だ。

 日本人「どこ出身ですか?」

 妻「クロアチア出身です」

 日本人「あ! サッカー強いですよね!」

 妻「そうですね。サッカーは人気です」

 こんなおなじみのやりとりには、もう慣れたようだ。でも、サッカー以外にも良いところはたくさんあるんだけどね……。そうつぶやくことがある。夫である私は「『クロアチアってどこ? ヨーロッパ?』よりは良いんじゃない」と慰める。ちなみに実際にそう言われたこともあった。

 6日午前0時、サッカーワールドカップで日本が再びクロアチアと勝負する。ワールドカップでは3度目。そのたびに「サッカー強豪国クロアチア」がクローズアップされている。

 だが、もちろんサッカーだけではない。日本がアニメだけの国でないように。ある国には魅力もあれば、問題もある。癒えない「傷」もある。日本人の夫として私が体験してきた等身大のクロアチアを、その日常や人間を紹介したい。なぜ妻はサッカーが苦手なのか。その感情も少しだけ理解してもらえるかもしれない。

 私たちは都内の大学院で同じ研究室に所属していた。妻はすでに高校時代、大学時代と2回留学をし、大学院入試も日本語で受けた。国際政治や歴史が好きで、すぐに意気投合した。

記者はこれまでに3回クロアチアに行きました。アドリア海やクロアチア料理だけでなく、妻の家族や友人、隣人とふれ合いながらこの国の日常を体験しました。結婚式も開きました。記者が見つめた等身大のクロアチアを写真とともに紹介します。

 私が最初にクロアチアを訪れたのは、2017年の夏だった。結婚することをご両親に伝えるというミッションがあった。

 緊張していた私を待っていた…

この記事は有料記事です。残り3214文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント