川崎で、ドイツで、田中碧は考え抜いた 人生を切り開いた前向き思考

有料記事森保ジャパン

堤之剛
[PR]

 「自分はワールドカップ(W杯)で点を取ると言っていたので、必然といえば必然。偶然といえば偶然」

 1日(日本時間2日)のW杯カタール大会1次リーグのスペイン戦。

 日本を決勝トーナメントに導く劇的な決勝ゴールを挙げたのは、たくましくなった24歳だった。

 試合後の取材エリア。

 MF田中碧(あお)(デュッセルドルフ)は、少しだけおどけた。

 「自分はもっていると思っているので。そうやって、のし上がってきた部分もあるので」

 2018年、川崎フロンターレでJ1リーグ初出場を果たした試合で、いきなり初ゴール。W杯アジア最終予選でも、初めてピッチに立った試合で得点を決めた。

 そして、スペイン戦。MF三笘薫(ブライトン)がゴールライン際のぎりぎりから折り返したボールを、右ひざで押し込んだ。

 ただ、試合後の取材中、おどけた時間は一瞬だった。

 「今日だけは喜びたいなと思うけど、もっと自分がやらないといけないことが見えた」

 そもそも、プロになれるかどうか、当落線上だった。

 突出した身体能力や高い技術があるわけではない。

 だから、自分で自分を追い立てて、成長させてきた。

 22年6月のブラジルとの国際親善試合。

 ネイマールらを擁するチームに0―1で敗れた。スコア以上の実力差だった。

 でも、一夜明けると、田中は言った。

 「サッカーをやり続けていく…

この記事は有料記事です。残り1129文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント