前田大然、得点もアシストもつかない献身 松本山雅で磨いたスタイル

有料記事森保ジャパン

岩佐友
[PR]

 逆転劇は、そのダッシュから始まった。

 1日の1次リーグ(L)最終戦のスペイン戦。

 後半3分、FW前田大然(だいぜん)(25、セルティック)は最前線で猛然とGKシモンにプレスをかけた。

 逃げるような浮き球のパスを誘い、MF伊東純也が競り勝ってボールを奪う。MF堂安律が同点シュートを蹴り込んだ。

 「GKにプレスをかけるのは、いつか自分の足に当たってゴールに入ると思ってやっている。それは100回に1回かもしれないけど、僕がボールを取れなくても、チームメートが取れることもある」

 わずかな可能性でも信じて走る。

 それが前田の強みだ。

「ディフェンスの力」「プレスの力」だけじゃない長所

 スタイルを確立したのは山梨学院大付高(現・山梨学院高)から2016年に加入したJ2松本山雅FC(現在はJ3)時代だ。

 「あのチームがなかったら今の自分はない」と感謝する。

 いくつものJリーグのクラブ…

この記事は有料記事です。残り1089文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント