インドネシアの大規模噴火「目立った潮位変化なし」 気象庁なお調査

宮野拓也
[PR]

 4日午前11時18分ごろ、インドネシア・ジャワのスメル火山で発生した大規模噴火に関連し、日本の気象庁は、午後4時半時点で海外と日本国内の観測点で目立った潮位の変化は観測されていないと発表した。

 気象庁によると、噴煙は高さ約1万5千メートルに達した。この噴火に伴って津波が発生して日本へ到達する場合は、到達予想時刻は早いところ(宮古島・八重山地方)で午後2時半ごろとしていたが、午後4時半時点で目立った潮位の変化は確認されていないという。ただ、この時刻よりかなり遅れて津波が到達する場合もあるとして、引き続き調査している。(宮野拓也)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント